ライフスタイルに合わせた賃貸物件選び

上手な引っ越し

マンションとアパート

賃貸不動産を探す時にはほとんどの方がマンションかアパートの二択の中から選ぶと思います。
この二つには明確な違いは存在しませんので、多くの場合が見た目だけの曖昧な基準で呼び分けています。
では、曖昧な基準とはどのようなものなのでしょうか?

マンションは鉄骨でできた建物のため、耐震性や耐火性に優れた作りとなっています。
その他にはエレベーターが設置してあることが多く、即ち三階建て以上の不動産がマンションと呼ばれることが多いです。

アパートの場合は木造建ての場合が多く、耐震性や耐火性はマンションよりは劣ってしまいます。
家賃はマンションと比べるとアパートのほうが安い場合が多いですが、最近では基準や設備により高級志向のアパートも見ることができるようになりました。

ウィークリー・マンスリーマンション

数年住む予定ではなく、数週間か数か月間の短期で住む物件としてはウィークリーマンションやマンスリーマンションがあります。
長期の出張や旅行、次の引っ越しまでの仮住まいとしても利用する方が多いようです。
最近では普通のマンションやアパートと同じように長期に利用する方も増えてきているようで、ますますその需要は広がってきています。
家賃は少し高めですが、敷金礼金は必要なく、家具や家電などの生活必需品が揃っている場合が多いのが人気の理由の一つとなります。

また、まだあまり知られていないですがサービスアパートメントというホテルのようにフロントサービスを受けることのできるウィークリーマンションのようなものがあります。
ホテルに泊まるよりは少し安いので中長期の出張に使われることが多いです。


シェア
TOPへ戻る