ライフスタイルに合わせた賃貸物件選び

借りる際の総費用

初期費用の相場

賃貸物件にかかる初期費用の相場を考えてみます。
地域やその物件によっては発生しない場合はありますが、予算の中には組み入れておいたほうが妥当だと思います。

敷金礼金は、賃料の平均一カ月から二カ月分が相場となります。
仲買料金は、業者によって変わる場合もありますが、一般的には賃料の一カ月分とその消費税です。
初回の賃料と共益費は初回のみ二カ月分支払わなければいけないこともありますので注意しましょう。
加入を義務づけられている場合がほとんどになる家財補償や賠償責任補償や修理保証は物件によって価格は異なりますが二年分の一括契約時の支払いとなることが多いようです。
また、最近では連帯保証人の代わりに専門業者を利用している場合が多く、強制加入となることもあります。
その他は鍵の交換費用や物件を決定した後の引っ越し費用がかかります。

お得に借りるためのコツ

初期費用の相場を見て頂ければわかると思いますが、部屋を借りるうえでの費用はけっこう高くなってしまいます。
少しでもお得に借りたいですよね?
そこでここでは、部屋をお得に借りるコツをご紹介していきます。

まず、確認して頂きたいのが気になっている物件が利用している業者が所有している自社管理物件であるかどうかです。
自社管理物件であれば、基本的には礼金と仲介料金が発生しませんので大幅に節約することができます。

また、最近では敷金礼金なしで借りることのできる所謂ゼロゼロ物件も増えてきています。
賃貸情報誌やホームページなどでゼロゼロ物件のみを集めた特集が組まれることもありますので、その中からいくつかピックアップしてみるといいかもしれません。


シェア
TOPへ戻る